HOME  >  平成29年度博物館実習受け入れ

平成29年度博物館実習受け入れ

平成29年度 浜松科学館 博物館実習受け入れ要項

1 目的

博物館実習によって生涯学習の場である科学館の役割を理解し、学芸員としての知識・態度を身につけさせる。

 

2 実習期間

平成29年8月7日(月)~18日(金)[※9日(水)、16日(水)は実施しない。]

各日9:00~18:30[休憩1時間含む]。ただし実習内容に応じて延長する場合がある。

 

3 対象及び定員

原則として、浜松市内及び近郊の出身または居住する大学生6名以内で、以下の(1)~(5)を満たす者。

(1)学芸員取得に必要な単位を既に履修済み又は現在履修中であること。

(2)博物館活動に生かす能力及び意志があること。

(3)科学が好きであること。また、対人対話に臆せず向き合えること。

(4)学内での推薦のみではなく、自分自身が当館の実習を希望していること。

(5)大学側が博物館実習の重要性をよく理解し十分な事前及び事後の指導を行っていること。

 

4 実習内容

(1)来館者対応…観覧券もぎり、展示場内の案内・監視、展示解説機貸出受付など

(2)展示品の起動及び立ち下げ

(3)イベントの企画運営

(4)科学に関連した話題を提供する掲示物の作成

 

5 申込方法と受け入れまでの流れ

(1)申込書の提出

受付期間 平成29年4月18日(火)~5月31日(水)

希望者本人が書面で当館へ大学・学部・学科・専攻・氏名・電話番号・希望理由等を様式1-①(MS-WordPDF)、1-②(MS-WordPDF)に記入し
郵送またはE-mailにてお申し込みください。
E-mailで申し込まれる場合は、件名欄に“博物館実習申込”とタイトルを入れてください。

申込先
〒430-0923 静岡県浜松市中区北寺島町256-3
浜松科学館博物館学芸員実習係 まで

[TEL.053-454-0178]
e-mail:m-aoki@hcf.or.jp

 

(2)内定通知書の送付

館内選考後、博物館実習の内定通知書(様式2)を実習担当事務局に送付する。

(3)正式申込

学長名もしくは学部長名による実習申込書(様式は各大学の様式による)と承諾書(様式3)、実習生調査票(様式4)を受領後、受け入れ決定通知書(様式5)を大学の実習担当事務局に送付する。

(4)覚書締結

実習の受け入れに関する覚書を、大学との間で締結する。

 

6 その他

(1)実習生に対して、賃金、報酬、旅費に相当するものの支給は行わない。

(2)実習中は職員の指示に従うこと。指示に従わない場合は、実習期間の中途であっても実習の受入れを取り消される場合がある。

(3)実習中に、実習生が故意又は過失により他人に損害を与えたり自ら負傷した場合、実習生または大学側が加入する災害傷害保険、賠償責任保険等を適用し、その他の責任が発生した場合には、誠意を持って解決にあたることとする。

(4)実習中の欠席・遅刻・早退について、正当な理由(例、博物館学芸員として採用されるための試験・面接・説明会・健康診断等)のない欠席・遅刻・早退があった場合には、当館での博物館実習は全期間行わなかったものとする。

(5)危険、困難な業務はさせない。実習中の自動車または二輪車の運転は不可とする。

(6)服装及び言動は、公共施設での実習であるということを念頭に特に留意すること。

(7)実習中に知り得た職務上の秘密、個人情報に属する事項については実習終了後も守秘すること。

(8)必要に応じて実習内容を変更することがある。