HOME  >  2015年4月

科学館ブログ

2015/04/29ノーベル賞公式レプリカメダル展示はじまる!assets/images/blog/201504/IMG_0302.JPG

2015/04/29 ノーベル賞公式レプリカメダル展示はじまる!

本日より、天野浩名誉館長が昨年12月に受賞したノーベル賞のレプリカメダルの展示が始まりました。レプリカといっても、この世には3個しかない貴重品なのです。
今回は、名誉館長が懇意にされている豊田合成株式会社様より特別にお借りしての展示です。
5月10日まで展示しております。どなたも無料でご覧いただけます。ゴールデンウィーク中にぜひ見にいらしてください。
メダル裏面の「H.AMANO」の記載を見つけられるかな?

2015/04/29つくり隊!あそび隊!!「トコトコ歩くおもちゃ」assets/images/blog/201504/20150429-1.JPGassets/images/blog/201504/20150429-2.JPG

2015/04/29 つくり隊!あそび隊!!「トコトコ歩くおもちゃ」

今日のつくり隊!あそび隊!!は『トコトコ歩くおもちゃ』をつくりました。
紙コップと輪ゴム、スーパーボールを使って簡単につくることができるおもちゃです 。
ゴムの力を利用して動く様子に、みんな楽しんでいました。
ゴムの長さを調節すると、動き方が変わることに気付いた子もいましたね。ぜひおうちでも試してみてくださいね☆

次のつくり隊!あそび隊!!は、7月20日(月・祝)『ロボットアームを作ろう☆』です。
遊びに来てね!!!

 

 

2015/04/26わくわくものづくり講座『動くおもちゃ』assets/images/blog/201504/20150425-2.jpgassets/images/blog/201504/20150425-1.jpg

2015/04/26 わくわくものづくり講座『動くおもちゃ』

4月25日・26日に、わくわくものづくり講座 第1回目『動くおもちゃ』を作りました!
2日間で29名のみなさんが受講しました。
ギアボックスを組み立てる、木の板を電動糸ノコで切る、モーターで動く車を作るなど、完成まで様々な工程がありました。
受講生のみなさん、細かい部品を扱うことや電動糸のこを使うこと、たくさんの”初めて”を経験していました。
約3時間、真剣に、楽しく取り組んで、自分だけの動くおもちゃを完成させることができました。
次回のものづくり講座は、6月7日(日)風向風速計を作る予定です。
お楽しみに!!

2015/04/25☆浜松サイエンスアドベンチャー7期生☆Aコースassets/images/blog/201504/20150425-1a.jpgassets/images/blog/201504/20150425-2b.jpg

2015/04/25 ☆浜松サイエンスアドベンチャー7期生☆Aコース

今年度も今日からサイエンスアドベンチャー7期生がスタートしました!
Aコースの第1回目の今日は、まず開講式で館長さんからのお話を聞き、
科学館から歩いて5分の浜松情報専門学校へ行き、みんなでロボット作りにチャレンジしました!
細かい部品がたくさんあったり、ドライバーやニッパーを使ったり、慣れない作業にたいへんでしたが、
手伝ってくれた学生さんのおかげで、みんな自分のロボットを作り上げることができました。
そのあとは自分でつくったお相撲のロボットでみんなで対決しました! 
また、学校の本格的なロボットをさわらせてもらったり、操縦させてもらったりもして、楽しみました!

浜松サイエンスアドベンチャーではたくさんのことを体験します。
次回は来月、佐鳴湖の湖畔を探検します。お楽しみに!

2015/04/19発明とアイデア展assets/images/blog/201504/IMG_0616.JPGassets/images/blog/201504/IMG_0639.JPG

2015/04/19 発明とアイデア展

発明とアイデア展が浜松科学館で開催されました

必要は発明の母という言葉が残っていますが、不便な状態をなんとか改善したい

そのためのアイデアが大発明につながるのかもしれません

次に浜松の偉人として記録されるのは誰になるのでしょうか

あの天野先生に続く大発明が浜松から出てくるといいですよね

2015/04/18ボランティア接遇研修&新人研修assets/images/IMG_4453.JPGassets/images/IMG_4459.JPG

2015/04/18 ボランティア接遇研修&新人研修

今日はボランティアさんの接遇研修がありました。
気持ちの良いあいさつやお辞儀のしかた、お客様と接するときのこころ構えなどを学びました。
初対面のボランティアさん同士、はじめは緊張しながらあいさつやおじぎの練習をしていましたが、「笑顔が素敵でしたよ」と互いに声を掛け合う姿も見られました。

 そのあとは電動糸のこぎりの扱い方の研修を行いました。3人1グループになり、タングラム作りに挑戦。初めて電動糸のこぎりに触れるボランティアさんもいて、皆さん慎重に取り組んでいました。出来上がったタングラムを使い、グループごとに知恵を出し合いながらパズルを完成させていました。

ボランティアの皆さんにはこれから1年間、講座やイベント等で活躍してもらいたいと思います。

2015/04/06天野浩さん 名誉館長委嘱式assets/images/IMG_0291.jpgassets/images/blog/201504/IMG_4344.jpg

2015/04/06 天野浩さん 名誉館長委嘱式

本日、天野浩さんを浜松科学館の名誉館長にお迎えいたしました。

ノーベル物理学賞を受賞されてからというもの、忙しさは半端なものではなかったのではないかと思います。そのような最中にあって、この役目をお引き受けいただけたこと、浜松科学館スタッフ一同、とてもありがたく思います。

「次代を担う子どもたちが科学に楽しんでいただけるような環境が必要で、その環境を整えるのは今の我々大人世代の役目である。微力ながら、その子どもたち若い世代の力を育てる仕掛け、アイデア作りをサポートしたい。」

と述べられました。これからの浜松科学館に新しい風を吹き込んでいただけそうです。

本日の名誉館長委嘱式典には、天野名誉館長と出身校が同じで、理科自由研究に熱心に取り組む中学1年生の渡邊舞咲さんにも同席していただきました。渡邊さんが現在取り組んでいるテーマ「ヒヨコが生まれた際、最初に目にするものを親と認識する習性(すりこみ)」についての話には、

「研究に真摯に取り組んだのは大学に入ってからで、中学・高校の時は、とてもそんな研究熱心な自分ではありませんでした。素晴らしいことです。」

と話され、あわせて、

「自身は取り組みだした年齢が高かったかもしれませんが、その分、見方を変えれば、世の中に何が必要かを見定めることができたともとれます。」

とも述べられました。

この言葉は、“子ども”を通り過ぎた大人には沁みませんか。

式典のあと、安藤館長案内のもと、館内を見学され展示品を確認されました。

浜松からさらなる偉人が育つよう、スタッフ一同もまた知恵を絞らねばと気を引き締めております。

2015/04/05試してみよう「ごしごし、きゅっきゅ!まさつだよ」assets/images/blog/201504/20150405_1.jpgassets/images/blog/201504/20150405_2.jpg

2015/04/05 試してみよう「ごしごし、きゅっきゅ!まさつだよ」


今日は、試してみよう!ごしごし、きゅっきゅ!まさつだよということで、簡単な摩擦の実験を3つ行ないました。

指ハブは、指を入れると引っ張っても抜けない!?
2冊の雑誌を1ページずつ重ねていくと、引っ張っても抜けない!?

ホバークラフトを使って、摩擦抵抗が少ないとどうなるのかを観察すると!?
どの実験も、家族みんなで楽しんでいる様子が見られました☆

次回の試してみよう!は、6月7日(日)です。

前回も大好評だった体験!!さかさまお絵かきを行います。ぜひ来てね!
 

 

 

2015/04/04サイエンスショー「わ!空気砲でぽん☆」assets/images/blog/201504/20150404-1.jpgassets/images/blog/201504/20150404-2.jpg

2015/04/04 サイエンスショー「わ!空気砲でぽん☆」

新年度スタートサイエンスショー「わ!空気砲でぽん☆」です。
空気砲という言葉をみなさん知っていますか?
空気砲とは空気を放つための道具のことです。

ろうそくやビニール袋等いろいろなものを使って空気砲の威力を試したり、
飛びだす空気の形はどんな形だろう?とみる事ができる人気サイエンスショーです♪

4月のサイエンスショーは5日(日)11日(土)12日(日)です。
ぜひ、浜松科学館へお越しください。