HOME  >  2017年7月

科学館ブログ

2017/07/17つくり隊!あそび隊!!「紙皿シーソー」assets/images/blog/201707/20170717-1.JPGassets/images/blog/201707/20170717-2.JPG

2017/07/17 つくり隊!あそび隊!!「紙皿シーソー」

今回の「つくり隊!あそび隊!」では、「紙皿シーソー」を作りました。

簡単に手に入る紙の皿と洗濯ばさみを使った家庭でもできる簡単な工作です。
作り方は、まず内側をくり抜いた紙の皿を半分に折り、その両端におもりとして 洗濯ばさみをつけます。
洗濯ばさみには、絵を描いた四角い画用紙を貼ります。
どの子も画用紙や皿に自分のお気に入りの絵を楽しそうに描きました。
どの子も完成したシーソーを揺らして、笑顔で楽しみました。  

次のつくり隊!あそび隊!」は、11月23日(木・祝)に「発射台つきリング ロケット」を作ります。
トイレットペーパーの芯でつくるロケットです。お楽しみに!

2017/07/15HSA9期生☆特別展 深海アドベンチャー assets/images/blog/201707/0715-1.pngassets/images/blog/201707/0715-2.png

2017/07/15 HSA9期生☆特別展 深海アドベンチャー

今日は待ちに待った特別展「深海アドベンチャー」が開幕しました。
開幕式には浜松サイエンスアドベンチャー9期生AコースとBコースのみんなで参加して、テープカットの瞬間に立ち会いました!テープカットには家康くんと直虎ちゃんも参加して、会場は大盛り上がりでした。
その後「深海アドベンチャー」の展示場をじっくりまわり、暗くて冷たい未知の世界「深海」の冒険に出発しました。まず最初に目に入ったものは「超巨大!」全長16mのダイオウイカ(模型)でした。その大きさにビックリ!中でも子どもたちに大人気だったのは「生きたオオグソクムシ」でした。形はダンゴムシに似ていて50匹くらいいました。
深海生物ってクリーム色が多いんですね。また、深さ200m以上の深海を調査する潜水調査船「しんかい6500」のコックピットに乗り込んでパイロット気分を体験しました。
その他、水圧などの体験を通して深海の中に隠されたいろいろなものの中から、深海についての様々な不思議を見つけることができました。
夏の間だけの特別展!ぜひカメラを持って体験しに来てください!!!

2017/07/02リモコンマシンアイデアバトル ビギナー大会 7月assets/images/blog/201707/201707021.JPGassets/images/blog/201707/201707022.jpg

2017/07/02 リモコンマシンアイデアバトル ビギナー大会 7月

本日は、「リモコンマシンアイデアバトル」ビギナー大会が開催されました。
ビギナー大会は、年2回行われ、浜松ロータリークラブ様の協力を戴いて実施ております。
ジグザグ走行、坂道走行、風船割りなどをしてタイムを競います。どんなマシンにすればいいか、アイデアが勝負です。
全員、5月の講座からマシンを作り始め、3回の練習日を経て、どの子もすばらしいマシンを作り上げました。
女の子も頑張り、手に汗握るバトルもあり、大会はとても盛り上がりました。
次のリモコンマシン講座は9月10日(日)に行います。
申込期間は8月13日(日)から8月27日(日)です。 たくさんの応募をお待ちしております。

2017/07/02サイエンスショー☆マイナスの世界☆assets/images/blog/201707/20170702-3.jpgassets/images/blog/201707/20170702-4.jpg

2017/07/02 サイエンスショー☆マイナスの世界☆

今月のサイエンスショーは「のぞいてみようマイナスの世界」です。
液体窒素を使用して、ヒエヒエの実験をしました。
冷たーい!!液体窒素にハンカチやお花を入れるとどうなるでしょうか?
みなさん、とっても驚いていましたね。
科学館でマイナスの世界をのぞいてみませんか?

今月のサイエンスショーは 7月8日(土)9日(日)29日(土)30日(日)です。
みなさんのご来館をお待ちしております!

 

2017/07/01第13回どきどき科学探究教室assets/images/blog/201707/jisin.JPGassets/images/blog/201707/denti.JPG

2017/07/01 第13回どきどき科学探究教室

本日は、「第13回どきどき科学探求教室」が開催されました。 この講座は、大学の先生が簡単な実験などを通して、子供たちが科学について学ぶという講座です。
今回の内容は、「地震災害の科学」と「電池をつくる実験」でした。
「地震災害の科学」では、津波波形実験装置を使って波の特徴を見ました。
さらにペットボトルの中に大きさの違う砂と水を入れて振り混ぜると、その中の砂が、いくつかの層に分かれ、これに振動を与えると地震で起きる液状化の様子を見ることもできました。
「電池をつくる実験」では、食塩水、キッチンペーパー、炭とアルミホイールを使って乾電池を作りました。そして、この自作の乾電池を使ってオルゴールを鳴らしたり、LEDを点灯したりしました。
受講生が2班に分かれて講座室を交替しながら、それぞれが違う実験に興味深く取り組みました。 参加していただいた皆さん、ありがとうございました。