HOME  >  イベント情報  >  そのほかのイベント  >  30年 ここまで進んだ科学と技術展 -昭和のゲーム機から、平成のティラノサウルスまで-

イベント情報

そのほかのイベント

 

30年でどれだけ時代の技術が発展したのか、見て、触れて、体験しよう!!

「カメラと写真」コーナー追加しました!

開催期間 平成28年1223日(金・祝)~平成29年42日(日)
会  場 浜松科学館 1階無料エリア 
<入場無料>

パネル展(テーマ)
家庭用ゲーム機
小型オーディオプレーヤー
携帯電話
ティラノサウルス
カラーテレビ
30年後を考えよう!
カメラと写真
その他

 
体験コーナー 
黒電話を使って通話してみよう!
ワープロを使ってみよう!

レトロゲームを触ってみよう!
PC-9801を使ってみよう!<追加>
手回し計算機や計算尺を使ってみよう!
ショルダーフォンの重さを体験してみよう!
レコードを使ってみよう!<追加>
最新360°カメラで遊ぼう!(常設展エリア)冬・春休み期間

 


30年後を考えてみようコーナー 毎日開催
アンケートにお答えいただいた方は、
科学館招待券等が当たる抽選会に参加できます

 

実物展示
初代ファミリーコンピュータ、ファミコンロボット
ゲーム&ウォッチ 他 昔のゲームが大集合
代ウォークマン、CDウォークマン、初代iPod
初代携帯電話(ショルダーフォン)、ロボホン
30年前のカラーテレビ、日本初のラップトップパソコン
30年前のティラノサウルスのフィギュア
週刊ファミ通創刊号、初代写ルンです
約100年前のカメラ、ポラロイドカメラ、豆カメラ
他 多数展示


<追加イベント決定!!>

「ロボホンに会いに行こう!」
実際に「ロボホン」が可愛らしく歩いたり、踊ったりもします。もちろん会話もできます。
「ロボホン」は、シャープ株式会社から発売された世界初のロボット型携帯電話です。

開催日時 平成29年211日()・12日()
     10:00 12:00 14:00 15:00 16:00

     平成29年218日()・19日()
     10:00 12:00 13:00 15:00 16:00

場所 常設展2階サイエンスステージ
※常設展入場料(中学生以下無料)が必要
申込不要。直接会場へお越しください。 


 

特別講座>

入場無料 要申込(各回先着150名)
場所 1階科学館ホール
※3/18の「液晶テレビREGZAの仕組」・・・定員に達したため受付を終了しました!

<<128日(土)>> 「週刊ファミ通」編集長 林克彦
テレビゲームは30年でこんなに進化した!
「ファミ通とゲームの歴史、その未来」
9:30開場 10:00開演
申込開始日・・・1月15日(10:00~)終了しました!

<<311日(土)>> パナソニック商品企画・技術者
電化製品の内部構造を見てみよう!
「洗濯機の仕組と謎」
9:30開場 10:00開演
申込開始日・・・2月18日(10:00~)定員に達したため受付を終了しました!

<<318日(土)>> 東芝技術者
電化製品の内部構造を見てみよう!
「液晶テレビREGZAの仕組」
1回目9:30開場 10:00開演 2回目13:00開場 13:30開演
申込開始日・・・2月18日(10:00~)定員に達したため受付を終了しました!


主催:浜松市・(公財)浜松市文化振興財団 後援:静岡県教育委員会、浜松市教育委員会、中日新聞東海本社、静岡新聞社・静岡放送、K-mix、FM Haro!
協力:NTT技術史料館、(公財)日本科学技術振興財団・科学技術館、シャープ株式会社、週刊ファミ通編集部、東京理科大学近代科学資料館、東芝未来科学館、東芝映像ソリューション株式会社、パナソニック(株)、富士フイルム(株)、リコージャパン(株)