HOME  >  プラネタリウム  >  今月の星空紹介  >  冬の星空

プラネタリウム

季節の星空案内

冬の星空

冬は、一等星をたくさん見ることができ、四季(しき)のうちでもいちばん星が美しく見える季節(きせつ)です。
冬の星座(せいざ)めぐりは、オリオン座(ざ)から出発しましょう。ななめ一列にならんだ三つの星を中心に、四つの明るい星が大きな四辺形(しへんけい)をえがいているのがオリオン座です。四辺形をえがく四つの星のうち左上の赤いベテルギウスと右下の青いリゲルは一等星です。
オリオン座の南東に、一際(きわ)目立って明るくかがやいている星がおおいぬ座のシリウスです。
ベテルギウスからシリウスを底辺(ていへん)として三角形をかくと、その頂点(ちょうてん)にかがやいているのがこいぬ座のプロキオンで、三つの一等星をむすんでできるこの三角形を冬の大三角とよんでいます。
冬の星座を探すときの目印(めじるし)にしています。

オリオン座の右上のところに、オレンジ色の一等星おうし座のアルデバランがあります。
そのおうし座の牛の角を東へのばしていくと五つの星が五角形をえがいていますが、これがぎょしゃ座で、五角形の北西のかどには黄色い一等星カペラがかがやいています。
ぎょしゃ座の東側(ひがしがわ)に、明るい星が二つ仲(なか)よくならんでいますが、これがふたご座のカストルとポルックスです。お兄さんのカストルが二等星で、弟のポルックスが一等星です。
オリオン座のリゲルから時計まわりに、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、ふたご座のポルックス、ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバラン、 そしてふたたびリゲルまでの一等星を線でむすぶと、大きな六角形ができます。
これを冬のダイアモンドともよんでいます。

プレアデス星団の七人姉妹とオリオンの巻!!!

プレアデスは巨人(きょじん)アトラスの子で、マイタ、タイゲタ、アステロペ、エレクトラ、ケレーノ、アルキオネ、メロペの7人姉妹です。
7人は月の女神アルテミスの侍女(じじょ)をつとめ、いつも森や野原で楽しく歌ったりおどったりしてあそんでいました。
ある月の明るい晩、その様子を見ていた大男の猟人オリオンは、シシの皮をまとい姉妹たちをからかいました。

びっくりした7人はあわてて女神アルテミスに助けをもとめ、女神の衣(ころも)の裾(すそ)にかくれました。
オリオンが去ってから7人をだしてやると、なんと美しい7羽のハトにかわって 空へととび上がりました。そのハトは星となってかがやいているといわれます。
一方オリオンはますます乱暴者(らんぼうもの)になり、おこった神達(かみたち)はサソリをよんでオリオンをさしころすように命令(めいれい)しました。
サソリの毒(どく)で命を落としたオリオンも、プレアデス姉妹のすぐそばで星座(せいざ)となっています。

エウロペをさらった白牡牛の巻!!!

フェニキアにエウロペという美しい王女がいました。
ある日、エウロペは海の近くのお花畑で花つみをしていました。
ところが、そのときです。突然(とつぜん)どこからともなく一頭の白い牛があらわれたかと思うと親しそうにエウロペのそばへあゆみよってきました。
全身が雪のように白く、やさしい目をし、美しい角をもった牛が近づいてきたので、エウロペはそっと頭をなでてやりました。すると、牛はさもうれしそうに体をすりよせ、背中(せなか)を低くすると、エウロペに、背中に乗ってください、という様子をしめしました。

エウロペもつい気をゆるして牛の背中に乗りました。その途端、牛は急に背中をおこしたかと思うと、いきなり海へ向かって走り出したではありませんか。
エウロペはびっくりしてさけびましたが、それでも牛は止まろうともしませんでした。

前回はここまででした。今回、エウロペはどうなるでしょう?

エウロペを背中に乗せた牛は、野原をぬけ、そのまま一気に海へと入っていき沖(おき)へ向かっておよぎつづけました。こうしてエウロペは、白い牛の背中に乗ってかぎりない海をわたり、夕方になって遠くはなれたクレタ島に着きました。
クレタ島に着くと、牛はエウロペに人間の言葉でやさしく話始めました。

「私(わたし)は大神ゼウス。あなたを花嫁(はなよめ)にしたくて、牛の姿(すがた)になってやってきました」
それからゼウスはもとの姿にもどり、エウロペを自分の生まれた場所へつれて行きました。
やがて2人は結婚(けっこん)し、2人の間には3人の子供(こども)も生まれ幸せにくらしたということです。
(めでたし、めでたし)

ちなみに、現在(げんざい)のヨーロッパ大陸(たいりく)は王女エウロペにちなんで名づけられたと言われています。
また、このときのゼウスの姿を記念(きねん)して、空には牛の星座(せいざ)がつくられました。
これが、「牡牛座(おうしざ)」なのだそうです。

箱の中の怪物 ぎょしゃ座

アテナイ王には、パンドロソロ、アグラウロス、ヘレセーという三人の娘(むすめ)たちがいました。
ある日のこと、この三人のところへ女神アテナがあらわれ、ひとつの箱をわたして言いました。
「この箱を大切にあずかっておくれ。決して中をみてはいけませんよ。いいですね!?」
三人の娘たちは、深く頭を下げて女神アテナの言葉に約束の誓をたてました。
しかし、日がたつにつれやはり箱のことが気になってしかたがありません。
「いったい何が入っているのでしょう?」
「中で動いているようよ。」
「声がするわ、赤ん坊(ぼう)のなき声みたい。」
「まさか・・・。」
とうとう娘たちは我慢(がまん)ができなくなって、箱のふたを開けてしまったのです。
「キャー!!!]
なんと中には、上半身が赤ん坊で、下半身がヘビという見るもおそろしい怪物(かいぶつ)が入っていたのです。

神話のつづきは??

しかし、箱の中に本当に怪物が入っていたわけではありません。
約束(やくそく)をやぶって箱をのぞいた娘たちには、そのように見えたのです。
女神アテナは、アクロポリスの山頂(さんちょう)で、箱の中の赤ん坊を育てました。
その赤ん坊は実は、足の不自由(ふじゆう)なかじやの神様ヘファイストスと大神の女神ガイアの子どもエリクトニウスでした。エリクトニウスは大きくなって、アテナイの王様になりました。
お父さんににて足が不自由でしたが、馬車を発明し、いつもそれに乗って活躍(かつやく)しました。